プラセンタの5大成長因子とは

プラセンタの5大成長因子とは

プラセンタがお肌に良いと言われているのには、5大成長因子が関係しています。

 

では、5大成長因子ってなんのことでしょうか。

 

HGF

HGFは、肝細胞や様々な細胞を増殖し、組織・臓器の再生と保護する役割があり、組織細胞の増殖に関係しています。

IGF

IGFは、インスリン様効果、脂肪分解の促進、神経細胞の他殆ど細胞の増殖、破損した細胞の再生を司り、関節痛の軽減に効果があると言われています。

EGF

EGFは、肌のキメを整えると言われており、皮膚・肺・角膜・気管上皮細胞を増殖するのに有効です。

NGF

NGFは、交感神経・副交感神経・知覚神経節細胞と言った神経細胞を増殖し、老化防止に効果があると言われています。

FGF

FGFは、ヒト線維芽・血管内皮・グリア細胞を増殖させ、ハリ、艶、シワのケアに効果的だと言われています。

これらの要素がお肌に潤いを与えると共にホルモンバランスも整えます。
5大成長因子は、体内でも作られますが、加齢により減少してしまいます。

 

そのことで、お肌のターンオーバーが遅れがちになり、シミ、シワ、たるみ等の原因になってしまいます。そこで、プラセンタを豊富に摂取することで、ハリのあるみずみずしいお肌を維持することができます。

 

プラセンタは、1度飲めば効果が継続するものではありません。
毎日、寝る前にプラセンタを飲む習慣をつけるのが望ましいです。

 

夜は、肌の代謝が活発になります。眠っている間にお肌のターンオーバーが進みますから、眠る前にプラセンタを取り入れるとお肌により効果的です。