プラセンタの美白に対する効果

プラセンタの美白に対する効果

お肌の細胞の代謝が滞るようになると、肌全体がくすんだり、シミなどが出来やすくなります。

 

美白ケアと言えば、ビタミンCなどをお肌に補給することによって、メラニンの生成を抑える方法が広く知られています。

 

しかし、必要な美容成分がしっかりと肌の深部まで届くような肌状態でいることや、肌再生のサイクルが円滑であることが、効果的に美白ケアをするために必要なことなのです。

 

美白がうまくいかない原因

美白のためのスキンケア製品が数多くあります。中には、皮膚の深部まで届く工夫がなされているものがありますが、皮膚の状態によっては、その効果が半減してしまう場合もあります。

 

お肌の細胞の代謝がうまく行われていない場合、皮膚の角質層が厚くなり、乾燥しがちな状態になってしまいます。皮膚の角質が厚くなってしまっている方の中には、保湿をしても潤い成分がうまく浸透していないような感覚を得る方もいらっしゃいます。

 

それは、保湿成分だけではなく、美白のための成分も同じことで、必要な成分がお肌にしっかりと届くためには、まずは、皮膚の代謝を正常な状態にすることが大切です。

 

肌の再生が促されるようになると、毎日のスキンケアで補う、様々な成分が効果的なお肌に働きかけることになります。

 

プラセンタの美白に対する効果

プラセンタは、様々な効果がありますが、中でも、プラセンタが持っている組織代謝促進作用は、お肌の水分と油分のバランスを保つサポートをしながら、肌の再生を促します。

 

プラセンタに含まれている線維芽細胞増殖因子(FGF)は、肌の繊維芽細胞の働きを活発にするため、お肌のコラーゲンの生成を促して、肌細胞の入れ替わりをサポートするのです。

 

肌周期に合わせて、正常に肌再生が行われれば、お肌に余分な角質が滞るようなこともなくなります。そのような肌状態であれば、皮膚内に発生したメラニン色素も古い角質と共に排出され、お肌のくすみなどを改善する効果を期待することが出来ます。さらに、お肌に補う様々な美容成分の働きを、より効果的に発揮することが出来るようになります。

 

プラセンタは、潤いを補うだけではなく、お肌が本来持っている機能を高めて、様々な美容成分の働きを高めてくれるのですね。