プラセンタのニキビに対する効果

プラセンタのニキビに対する効果

ニキビが出来る原因には、様々。何らかの原因によって皮膚が過剰に皮脂を分泌することがありますが、過剰に分泌された皮脂が、毛穴に詰まることによってニキビが出来ます。

 

毎日の洗顔などを通して、皮膚の汚れや皮脂などを取り去っているつもりでも、ニキビが出来ることがあるため、ニキビの原因にあわせたスキンケアでニキビの対策を取ることが大切です。

 

ニキビが出来る原因

皮膚が過剰に皮脂を分泌するようになる原因のひとつに、成長ホルモンの作用があります。

 

思春期の頃に出来るニキビは、成長ホルモンの働きによって皮脂が過剰に分泌され、皮脂が毛穴に詰まることが原因となってニキビが出来ます。そして、皮脂を好んで増殖するアクネ菌の作用でニキビが炎症を起こしてしまうことがあります。

 

大人になってから出来るニキビは、お肌の乾燥が原因となるものが多いようです。お肌が乾燥すると、外部の刺激からお肌を守ろうとするお肌の防衛機能によって、皮膚が過剰に皮脂を分泌するようになります。

 

このことから、過剰に分泌された皮脂は、毛穴に詰まりやすくなりニキビが出来てしまうのです。さらに、乾燥しているお肌は、お肌のターンオーバーがうまく働かずに、皮膚の角質が厚くなり、ますます皮脂が毛穴に詰まるようになってしまうのです。大人のニキビは、皮脂を落としながらも、乾燥に対するケアをする必要があります。

 

プラセンタのニキビに対する効果

プラセンタが持つ大きな特徴のひとつに、ヒアルロン酸を含んでいることが挙げられます。

 

ヒアルロン酸は、お肌のハリや潤いを保つために必要な成分のひとつですが、もともと皮膚内にあるもので、常に生成されています。

 

お肌に弾力や潤いを保つために必要なヒアルロン酸やコラーゲンやエラスチンなどは、皮膚内の繊維芽細胞で生成されています。加齢と共に繊維芽細胞の働きは低下していくと言われていますが、プラセンタは、繊維芽細胞の活性化をサポートします。

 

お肌の繊維芽細胞の働きを活性化して、お肌にハリや潤いが保たれるようになれば、お肌の乾燥を防ぐことが出来るため、乾燥によるニキビを防ぐことが出来ます。

 

さらに、プラセンタには、お肌の細胞の代謝を促すため、皮膚の余分な角質を外に排出する働きが高まります。それだけではありません。プラセンタには、抗炎症作用があるため、炎症を起こしているニキビに優しく働きかけます。

 

ニキビが出来る原因の数だけ、お肌のケアの方法がありますが、プラセンタは、様々な角度からニキビケアをサポートします。