プラセンタのPMS(月経前症候群)に対する効果

プラセンタのPMS(月経前症候群)に対する効果

女性は、身体のリズムによって精神的なものが左右されてしまうことがあります。

 

特に月経が始まる約1週間から2週間ほど前に起こると言われているPMS(月経前症候群)の症状に、多くの女性が悩んでおられます。その症状の中には、精神的なものや肉体的なものなど、様々なものがありますが、生理が始まると同時にそれらの症状が治まるという特徴を持っています。これらの不快な症状を緩和するためには、どのような方法があるのでしょうか。

 

PMS(月経前症候群)の原因

PMS(月経前症候群)が起こる原因は、まだはっきりしていませんが、体内のホルモン変動によって、体質によって様々な症状が出るということが考えられます。

 

女性の身体はある一定のリズムを体内で繰り返していますが、身体に影響を与えているホルモンのひとつに、プロゲステロン(黄体ホルモン)があります。

 

この物質は、排卵から生理前の間に分泌されるもので、このホルモンの作用により、体調が不安定になることで知られています。

 

そのほか、排卵後は、脳内のセロトニンという物質が急激に減少するという作用があるため、多くの女性が精神的にネガティブになりやすい時期だと言われています。

 

プラセンタのPMS(月経前症候群)に対する効果

PMS(月経前症候群)は、ホルモンの作用によって、精神的にも肉体的にも不安定な状態になります。症状のひとつひとつに対処しようとした場合、精神的な不安があまりにも強い場合には、医師などを通して、精神安定剤を処方されることがあります。

 

そして、肉体的な症状に関しても同じことで、それぞれの症状にあわせた薬などで対処することがあります。しかし、PMS(月経前症候群)は、ホルモンの影響によって様々な症状が生じるため、体内のバランスを整えることが大切です。

 

プラセンタは、身体のバランスを整えるために必要な、豊富な栄養素を含んでいるだけではなく、内分泌調整作用を持っているため、体内のホルモンのバランスを整える働きがあります。身体が本来持っている機能をサポートすることで、不快な症状の対策を取ることが出来ます。

 

プラセンタには、数多くの成分が含まれています。PMS(月経前症候群)の原因となるものを知ることで、様々な症状の改善を促すことが出来るかもしれませんね。