プラセンタのシミに対する効果

プラセンタのシミに対する効果

お肌の新陳代謝が低下するにつれて、シミが出来やすくなります。

 

お肌の新陳代謝が活発であると、たとえシミが出来てしまったとしても、肌周期によって、シミのある部分が角質層まで押し上げられて、不必要な角質と共に、お肌の外に排出されるはずなのですが、お肌の機能がうまく働いていない場合、いつまでもシミが皮膚内に留まることになってしまうのです。こんな頑固なシミに対して、改善策はないのでしょうか。

 

シミが出来る原因

紫外線を浴びるとシミが出来やすくなります。お肌が紫外線を浴びると、メラニン色素が皮膚の内側に発生することによって、有害な紫外線の働きから、お肌を守ろうとするのです。

 

ちょうど、黒い傘をさしてお肌を守っているようなイメージです。

 

さらに、メラニン色素は、紫外線を長時間、浴びれば浴びるほど、大量に生成されることになるため、紫外線防止対策を取ることによって、メラニン色素の発生を防ぐことが必要なのです。

 

お肌の新陳代謝が活発であれば、ある程度の量のメラニン色素が発生したとしても、皮膚の代謝によって、新しい皮膚と入れ替わることで、シミとなることはありません。

 

しかし、お肌が持っている代謝機能が低下していると、発生したメラニン色素の量に対応できない場合、それがシミとなって皮膚に残ってしまうのです。

 

プラセンタのシミに対する効果

みずみずしいお肌を作るためには、皮膚組織内におけるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などの量が十分である必要があります。これらの成分は、もともと皮膚内にあるものですが、身体の外から取り入れることが出来るものです。

 

お肌の潤いが低下すると、お肌は乾燥しがちになり、皮膚を守るためのバリア機能が低下してしまいます。皮膚が乾燥するとシミが出来やすくなるのは、そのためですが、プラセンタは、皮膚細胞の生成を活発にすることで、お肌の新陳代謝を促し、肌再生をサポートします。

 

さらに、お肌の潤いを保つサポートをするため、皮膚のバリア機能を高めます。お肌の新陳代謝が高まることによって、皮膚内に発生したメラニン色素の排出が促されるようになるため、シミ予防はもちろんのこと、気になるシミを改善する働きを期待することが出来ます。

 

紫外線対策によって、シミを防止することが大切なのは言うまでもありませんが、お肌の代謝を活発にすることによって、発生したメラニン色素を皮膚の外に排出することも必要です。プラセンタは、お肌が本来持っている代謝機能をサポートしてくれるのですね。