プラセンタの種類

プラセンタの種類

美容に良い成分が多く含まれているプラセンタは、母と子をつなぐ胎盤のことを言います。

 

プラセンタには、どんな種類があるでしょうか。

 

まず、プラセンタは、動物性と植物性に分かれます。現在、販売されている動物性プラセンタは、馬、豚、羊由来です。日本国内で生産されているのは、馬や豚が多く、羊は輸入サプリメントに含まれていることが多いです。

 

馬のプラセンタ

馬のプラセンタは6種の必須アミノ酸も含まれており、一般的な豚プラセンタと比較しても平均254倍のアミノ酸を含有しています。馬プラセンタは最も栄養素や効果の高いプラセンタになっています。また、馬は基礎体温が高いことから、感染症に強く衛生管理上も安定している特徴があります。

羊のプラセンタ

羊は、免疫力が高く、病気をしにくい動物であると言われています。その羊のプラセンタは、最も人間の胎盤に近いため、肌に浸透しやすいというメリットがあります。羊のプラセンタは、馬プラセンタと同様に費用が高いというのがあります。

豚プラセンタ

豚プラセンタは、大量入手が可能なために価格が安めに設定されており、毎日継続するにはもってこいなのです。

植物性プラセンタ

植物性プラセンタは、植物の胎座から抽出されています。胎座は、植物で言うところの胎盤のような役割を持っています。動物の胎盤から抽出したプラセンタに抵抗を感じる方や食物アレルギーで動物性は難しい方には、植物性のプラセンタという選択肢もあります。

 

プラセンタの質で選ぶか、価格で選ぶか、より安全な植物性を取るのか、
どれも試して一番、効果を感じた商品を選ぶのか選択肢が色々あります。